屋根の雪下ろしなら『クマ武』|新潟県民がおすすめするスノーダンプ

雪国新潟県で絶大な人気を誇るクマ武スノーダンプを紹介します。

スノーダンプは、ゆきかきや雪下ろしなど冬の生活に欠かせないアイテムです。

朝、目が覚めるとそこは一面の銀世界でした。」というと素敵ですが、新潟県民にとっては地獄です。
朝から車を出すために除雪しなければなりません。
職場についても、自分の駐車場が雪に埋もれて使えないので除雪するハメに。

雪が降り続いて屋根に積もると、ふすまが開けづらくなります。
家が雪でつぶされないように屋根に上って雪下ろしをしなければなりません。

毎年使うアイテムだから少しでも使いやすいもの、長く使えるものがいいと色々なスノーダンプを使ってきました。
ついにこれだ!と思えるスノーダンプに巡り合えたので、レビューします。

 

スポンサーリンク

クマ武スノーダンプとは

クマ武スノーダンプは、新潟県十日町市の(株)山田屋商店が販売しているスノーダンプです。

このスノーダンプは、軽くて取りまわしがしやすいうえ、雪や氷に刺さりやすいように先金を特殊加工してあります。

先金と本体部分は種類の違う2種類のステンレスでできています。
先端は雪の刺さりがいいように厚くなっていて、日数がたって重くなった雪でもサクサクと切ることができます。

ハンドルが短く、取りまわしがいいので屋根の雪下ろしで力を発揮します。

クマ武スノーダンプは、雪国新潟でも楽に排雪できるような仕掛けが随所に施されています。

屋根用、中、大の3種類のサイズがあり、屋根用⇒中⇒大で2㎝ずつ先端が長くなっています。
少しでも軽いほうがいい人は、屋根用を少しでも1度に多く運びたい人は大を使うといいです。

created by Rinker
クマ武
¥21,780 (2021/03/05 00:44:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
クマ武
¥21,780 (2021/03/05 03:44:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
クマ武
¥21,780 (2021/03/05 03:44:54時点 Amazon調べ-詳細)

他のスノーダンプとの比較

冬になると様々な種類のスノーダンプがホームセンターに並びます。
その中でもよく見かけるスノーダンプとクマ武の比較をしたいと思います。

スノーダンプは材質で分けると、軽くて取りまわしが容易なプラスチック製スノーダンプと丈夫な金属製のスノーダンプがあります。
金属製のスノーダンプは、クマ武のようにステンレスのものや、鉄製のもの、アルミ製のものなどがあります。

私の私見ですがそれぞれのスノーダンプを耐久性、軽さ、柔らかい雪の場合の除雪しやすさ、かたい雪の場合の除雪しやすさという項目で評価すると下の表のようになります。

クマ武(ステンレス) プラスチック製 鉄製 アルミ製
耐久性

ステンレスなので頑丈

×

劣化が早く1シーズンで壊れることもある

頑丈

他の金属製に比べると壊れやすい

軽さ

鉄製に比べると軽い

軽い

×

重い

金属製の中では最も軽い

柔らかい雪

除雪しやすい

除雪しやすい

重い分疲れやすい

除雪しやすい

かたい雪

かたい雪でも刺さりやすい構造

×

使わないほうが良い

かたい雪でも除雪可能

かたい雪は苦手

 

クマ武は丈夫で比較的軽く、どんな雪質でも除雪が可能です。

新潟県は冬の気温差が激しく、一度雪が降ってから暖かくなったり雨が降ったりして重くなった雪の上にさらに雪が積もった状態になることがあります。
この状態になってしまうと、プラスチック製のスノーダンプでは全く歯が立ちません。
アルミ製のスノーダンプですら壊れてしまうこともあります。

そんな時は、鉄のスノーダンプが有効なのですが、重くて取り回しが大変です。

クマ武スノーダンプは、重い雪でもサクサク切れ、かるくて取りまわしやすいです。

いいことずくしのクマ武ですが、欠点もあります。

まず、普通のスノーダンプに比べ価格が高いです。
ステンレス自体が高いうえ、2種類の金属をくっつけている分値段が張ります。
ただし、ステンレスでさびにくく、丈夫で長持ちするので上手に使えば一生ものです。

また、雪下ろしがしやすいようにハンドルがほかのスノーダンプに比べると少し短いため、背の高い人だと平場の雪かきがやりずらいという意見もあります。
ちなみに、私は身長175㎝ですがクマ武スノーダンプの大を使って平場でも特に苦も無く除雪できてます。

created by Rinker
クマ武
¥21,780 (2021/03/05 03:44:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

蝋や防水スプレーでさらに使いやすく

クマ武スノーダンプをそのまま使うと、ステンレスに雪がくっついてしまいます。
そこで、蝋を溶かして塗ったり、市販の防水スプレーをかけて雪離れをよくしてあげると作業効率が格段に向上します。

何もつけていない状態

何もつけていない状態だとクマ武にべったり雪がついて持ち上げても落ちません。

我が家は薪ストーブがあるのでスノーダンプを温めてろうそくを溶かして塗りました。

蝋を塗った後のスノーダンプ

蝋を塗った後のクマ武は、雪が全くつかなくなります。
シーズン初めにこの処理をしておけば1シーズン持ってくれます。

 

まとめ

今回は新潟県民御用達クマ武スノーダンプを紹介しました。

普通のスノーダンプに比べると少し値段は張りますが、冬の除雪作業がたので前から興味があったのですが買って正解でした。

硬い雪にサクッと刺さる感覚になれてしまうともうほかのスノーダンプには戻れなくなります。

1度購入すれば一生ものとして使えるので数年おきにプラスチックのスノーダンプを買い替えているような人はクマ武に買い替えてみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
クマ武
¥21,780 (2021/03/05 00:44:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
クマ武
¥21,780 (2021/03/05 03:44:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
クマ武
¥21,780 (2021/03/05 03:44:54時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめの記事