こんばんわ、ているです。

先日ウェイバーバーベキューグリルを使って燻製ベーコンを作りました。

ウェイバーバーベキューグリルを使った自家製燻製ベーコンの作り方

 

自家製燻製ベーコンは、そのまま食べるだけではなく様々な料理に使うことができます。

今回のブログでは自家製燻製ベーコンを使ったカルボナーラの作り方について紹介したいと思います。

カルボナーラの作り方は以前得する人損する人というテレビ番組でやっていた作り方を参考にしています。

このレシピにしてから卵が固まりすぎてしまって失敗してしまうことがなくなりました。

考えた人は天才だなと思っています。

 

 

スポンサーリンク

材料(1人前)

  • パスタ      100g
  • 自家製燻製ベーコン  好きなだけ
  • 卵        1個
  • パルメザンチーズ 大さじ2杯
  • ニンニク     1片
  • オリーブオイル  大さじ2
  • 胡椒       少々
  • 塩        20g

 

今回は自家製燻製ベーコンが主役なのでベーコンをたっぷり入れています。

ベーコンが多いと食べ応えがありますよ。

 

 

失敗しないカルボナーラの作り方

それではカルボナーラの作り方を紹介します。

1ベーコンとニンニクを切る。

ベーコンは食べやすい大きさに、ニンニクはみじん切りにします。

 

2オリーブオイルでニンニクとベーコンを炒める。

フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて炒め、ニンニクに色がついたらベーコンを入れます。

ベーコンがカリカリになったら火を止めます。

3パスタを茹でる。

沸騰したお湯2Lに塩20gを入れて、パスタを茹でます。

(お湯1Lに対して塩1%の分量なので今回は20g使用しています。)

パスタは規定の茹で時間通りに茹でます。

茹で上がるのに10分程度かかるので、可能なら1と2と同時進行でパスタを茹でておくとスムーズに作れます。

粉チーズと卵、炒めたベーコンを入れる。

写真のようにボウルの中に粉チーズで堤防を作り、その左右に卵と炒めたベーコンを入れます。

5ボウルに茹で上がったパスタを入れて混ぜる。

ボウルに茹で上がったパスタを入れます。

この時、パスタを入れたら10秒放置して具材を蒸してからパスタと具材を混ぜ合わせます。

6パスタが混ざったら皿に盛り付けて胡椒をかける。

さらに盛り付けて胡椒をたっぷりかけたら完成です。

実食

牛乳や生クリームを使っていないのですが、卵が硬くならずにクリーミーでおいしいです。

また、ニンニクの風味がいいアクセントになっています。

そしてなにより自家製燻製ベーコンは存在感があります。

燻製ベーコンとカルボナーラソースの相性が抜群にいいためいくらでも食べれてしまいます。

 

 

終わりに

今回は、自家製燻製ベーコンを使ったカルボナーラの作り方を紹介しましたがいかがだったでしょうか。

燻製ベーコンはそのまま食べるだけでなく、料理に使うことでよりおいしく食べることができます。

カルボナーラについてもフライパン上でソースを作らないので失敗することがなく簡単に作れます。

カルボナーラを作るのは難しいと思っている方や、自宅でカルボナーラを作ってみたいと思っている方にもおすすめです。

市販のベーコンを買ってきて作るのでも十分おいしく作れますが、燻製ベーコンを使うとまったく別物のおいしさになります。

ぜひとも燻製ベーコンづくりにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

おすすめの記事