こんばんわているです。

私の住んでいる関川村では、2018年8月26日に大したもんじゃまつりという祭りがおこなわれます。

このお祭りは、竹とわらで編んだ長さ82.8m重さ約2tの巨大な蛇を担いで村内を練り歩くという変わったお祭りです。

新潟県内でも関川村と言うと、

「あ~、あのでっかい蛇担ぐ祭りやってる村だよね~。」

と言われるくらい有名な祭りです。

村外からもたくさんの観光客や写真家の人が訪れ、1年で最も関川村が盛り上がる日です。

 

でもそこそこ有名な祭りの割に、駐車場や写真撮影スポットが全然ネットに乗ってないんです。

唯一関川村役場さんのホームページにパンフレットが乗っているくらいしかお祭りの情報がありません。

今年の大したもん蛇まつりはメイン会場が関川村役場から桂の関温泉ゆ~む前に変更になり、大蛇パレードもゆ~むの前がゴールに変更されました。

でもほとんどそういった情報が公開されていないんです。

そこで、観光客向けのおすすめの駐車場と撮影ポイントを紹介してみようと思います。

 

 

スポンサーリンク

観光客向け駐車場

こちらが唯一観光客向けに関川村のホームページに掲載されている情報です。

このパレードコースマップで「P」と書かれているのが駐車場なんですが、絵だけではわかりづらく、何台駐車できるのかもはっきりしませんね。

そこで、パレードコースから近く駐車台数の多い駐車場を3つ紹介します。

 

道の駅関川

 

この駐車場はメイン会場から最も近い駐車場です。

国道113号線沿いにあることからもわかりやすいです。

ただし、会場からも近くわかりやすい分満車になりやすい駐車場です。

そのため、早めに会場に行く人向けの駐車場になります。

こちらの駐車場に行く場合は、せきかわふれあいど~むを目的地に設定するといいです。

 

 

関川村役場

昨年までのメイン会場だった関川村役場前駐車場です。

今年は観光客向けの駐車場として開放されます。

こちらもパレードコース沿いに位置していて、メイン会場から近いです。

ただし、パレード中は通行止めになる時間帯があるので、注意が必要です。

カーナビに入力する場合は、関川村役場を目的地設定しましょう。

 

社会福祉センター

最後に紹介するのは社会福祉センターです。

今年はこの駐車場がダントツで穴場です。

こちらは昨年できたばかりの施設の上、パレードコースからも外れているので上二つの駐車場と比べると駐車しやすいのではないかと思います。

パレードコースからは外れているものの、後述する2つの撮影ポイントに近いので個人的にはおすすめの駐車場です。

出来たばかりの施設なので社会福祉センターで検索してもヒットしないと思います。

道路を挟んで向かいにある関川村公民館を目的地に設定するといいでしょう。

ちなみに公民館の駐車場も使用することができます。

県道272号線はパレード中通行止めになるので、国道113号線から上関信号を右折するルートでがいいと思います。

 

 

大したもん蛇まつりの撮影ポイント

大したもん蛇まつりで使う大蛇はみこしは82.8mもあり、迫力があるため、写真家の人たちもたくさん訪れます。

しかし、観光客が多いので写真を撮りづらいという声をよく聞きます。

そこでそんな人向けに少し高いところから撮影できるポイントを2か所紹介します。

 

温泉橋先の道路沿い

荒川にかかる温泉橋という橋を渡って国道113号線にぶつかるT字路です。

ここは例年大蛇が暴れるポイントなので、見ごたえのある場所です。

このT字路からJR米坂線の線路を挟んで反対側に道路があるのですが、国道113号線に比べ少し高くなっているので撮影ポイントに適しています。

 

道路からの景色はこんな感じです。

大体例年だと11時前位にこの前を大蛇が通過します。

 

渡邉邸2階

関川村には、国指定の重要文化財の渡邉邸という建物があります。

大蛇パレード中も解放されているので、この2階からなら人込みを気にせず大蛇を撮影することができます。

渡邉邸の前は11時半ごろと12時ごろの2階大蛇が通過します。

入館料は大人600円、小・中学生は250円です。

 

終わりに

いかがだったでしょうか、大したもんじゃ祭り当日は観光客でパレードコースは大混雑します。

少しでも8月末の大したもん蛇まつりに訪れる観光客の参考になってくれれば幸いです。

おすすめの記事