こんばんわ、ているです。

以前ブログでウェイバーのバーベキューグリルを紹介しました。

農家がおすすめするバーベキューグリル~ウェイバーグリル~

このグリルの特徴は何といってもふたが付いているのことですね。

ふたがあることで、スモークやローストをすることができます。

 

スポンサーリンク

ウェイバーグリルとピザストーンで本格炭火ピザ

実はこのグリルとピザストーンを使うと簡単に本格的なピザを焼くことができるのです。

今回はウェイバーグリルとこのピザストーンを使ったピザづくりを紹介します。

 

生地作り

ピザ作りに生地は欠かせませんよね。

私が普段使っているレシピを紹介します。

材料

強力粉     300g

塩         3g

ドライイースト   3g

ぬるま湯    150g

オリーブオイル 大さじ1

作り方

1強力粉、塩、ドライイーストを混ぜる。

2オリーブオイルを入れて混ぜる。

3ぬるま湯を少しづく加えながら混ぜます。

4よくこねます。

5よくよくこねます。

6よくよくよくこねます。

7こねるているうちにしっとりとまとまってくれます。

こんな感じで耳たぶくらいの硬さになればこねるのはオッケーです。

8生地に濡れ布巾をかけ、その上からラップをして3時間程度一次発酵させます。

9一次発酵が終わるとイースト菌の効果で膨らみます。この生地を2等分にして手のひらや綿棒を使ってガス抜きをします。

10ガス抜きをしたらそれぞれ丸めて、濡れ布巾をかけてラップをして30分程度二次発酵します。

11生地をのばしたらピザ生地の完成です。

私はモチモチしたピザ生地が好きなので、強力粉だけでピザ生地を作ることが多いですが、薄力粉を入れるとサクサクした生地になります。

サクサクした生地が好きな方は強力粉と薄力粉を混ぜて300gにしてもオッケーです。

 

ピザ作り

生地ができたので今度はピザの具を準備します。

今回はオーソドックスにマルゲリータを作りました。

マルゲリータは、バジルの緑、モッツァレラチーズの白、トマトソースの赤がイタリア国旗に似ていることからイタリア王妃が自分の名前を関したと言われていわれているオーソドックスなピザです。

 

まずトマトソースを作ります。

今回のトマトソースは、オリーブオイルでニンニクと刻んだトマトを炒めて塩・コショウ・柚子ポン酢で味をととのえました。

ピザソースが完成したらピザ生地にピザソースを塗ります。

この時先にピザ生地にオリーブオイルを塗っておくと生地とソースが馴染みやすいです。

ピザソースを塗ったらその上にモッツァレラチーズをちりばめ、ピザストーンにのせて焼きます。

 

注意:この時ピザストーンが冷えているとピザがくっつく原因となるので先にウェーバーグリルに入れて温めておきましょう。

火力にもよりますが、5分ほどしたらふたを開けてバジルをちらしてさらにもう5分ほど焼いたら完成です。

(バジルを最初から乗せて焼くと干からびて見栄えが悪くなるので私は途中で入れています。)

緑・白・赤ががきれいなマルゲリータでしょう?

このピザは何といっても生地がおいしくって、外はサクサク中はモチモチなピザが出来上がります。

おわりに

いかがだったでしょうか。

こんな感じでウェーバーグリルとピザストーンを使うことで簡単に本格的なピザを作ることができるんです。

普段のバーベキューで自家製ピザが作れたら盛り上がること間違いなしです!

ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、私はウェイバーグリルを使って炭火でピザを焼いていますが、このピザストーンはオーブンでも使うことができます。

炭火をおこすのが大変だけどピザを食べたいという方は、オーブンにピザストーンを入れても普通にオーブンで焼くよりもおいしいピザを作ることができるみたいです。

 

 

 

おすすめの記事